小笠さんin北海道から届いた、素敵な紫蘇とシーチキンのあっさりレシピです。 飲みすぎて疲れた次の日は、あっさりとした紫蘇のパスタを食べて回復しましょう。👇👇👇

夏は暖かいので、血の巡りもよく、元気一杯ですが、最近は、めっきり冷え込み疲労がたまりやすくなる気がしております。特に、北海道はこの時期はもう寒くて寒くて、、、夏という季節があったことすら忘れてしまいそうです。たった1ヶ月前のことなのに! そんな過酷な秋の北海道では体力を消耗しやすく、飲み会でも疲労が溜まりがち。 飲み会疲れした次の日にオススメな、前の晩、飲みすぎてしまって、体が疲れてしまった時に食べたいパスタをご紹介。紫蘇がたっぷりと入った、ネギが香るあっさりパスタ。シーチキンが入っているので、満足感も○。 紫蘇にはルテオリンという成分が含まれており、肝臓の解毒作用があります。お酒で疲れた肝臓にはもってこいの食材です。ネギには疲労回復効果が。というのも、アリシンが含まれているかからで、疲労物質である乳酸を分解する効果が!食べて体を元気にしましょう!

材料(2人分)

ベースパスタ
2袋
紫蘇の葉
10枚
シーチキン(できればノンオイル)
1缶
ごま油
大さじ2
ねぎ
2㎝くらい
鷹の爪
1つ
塩胡椒
少々

作り方

  1. フライパンにごま油をしき、みじん切りにしたネギと輪切りにした鷹の爪を焦げる手前くらいまで炒める。
  2. 弱火にし、シーチキンと千切りにした紫蘇を加え、さっと混ぜ合わせる。
  3. 茹で上げたベースパスタをしっかりと水切りしてから加え、弱火で混ぜ合わせる。
  4. 塩胡椒で味を整える。
  5. 味噌と塩胡椒を加えて、味を調整する。
  6. 器に盛り付けて完成

ポイント

辛いのが苦手な人は、鷹の爪の代わりに、胡麻を入れると美味しくいただけます。