第2回:途上国の栄養問題解決に、ベースフードがどう貢献できるのか

「ベースフード」が解決する世界の社会課題

世界をよりよくする目標が、17のテーマでまとめられたSDGs。新たに始めた全4回の連載では、ベースフードがどのような役割を担うことで、SDGsに貢献できるのかを紹介しています。

第1回である前回は、目標3「すべての人に健康と福祉を」で注目されているNCDs(非感染性疾患)が、先進国に住む私たちにも無関係ではないことを紹介しました。第2回である今回は、このNCDsと開発途上国との関係性と、そこにベースフードがどう貢献できるのかをお話ししていきたいと思います。

途上国のNCDsの現状

NCDsは不健康な食事、運動不足、過度の飲酒などで引き起こされる慢性疾患の総称です。一般的には、がんや糖尿病、循環器疾患、呼吸器疾患などが当てはまります。

WHO(世界保健機関)の発表では、毎年4,100万人がNCDsにより命を落としているとされています。この死者のうち、約77%(約3,140万人)が低・中所得国で発生しているのです。

先進国は多忙なライフスタイルや家庭環境の変化により、十分な栄養を確保する食事を用意する「時間の不足」が、NCDs拡大の原因となっています。一方、途上国では「経済的な事情」で、食事を確保できないことでNCDsが広がっているのです。

途上国の食事における2つの問題

途上国のNCDsはふたつの大きな課題を抱えていると言われています。ひとつ目は「飢餓」です。WFP(国際連合世界食糧計画)の2021年7月の発表によると、世界の飢餓人口は最大約8億1,100万人と推計されています。

十分な食料を確保できず、栄養も摂取エネルギーも不足してしまう飢餓は、途上国でとても深刻な問題です。

そして、もうひとつの問題は「肥満」です。このふたつは矛盾しているように見えて、どちらも同じ食料不足という状況によって引き起こされています。

栄養価の高い食材といえば、野菜や魚介類、肉類などでしょう。途上国ではこうした食材は手に入りにくく、代わりに安価で手に入るカロリーだけが高い食品が増えます。バランスの悪い食生活が、肥満へとつながってしまいます。

飢餓という深刻な問題が解決できたとしても、栄養補給という問題を、途上国はなかなかクリアできずにいるのです。

主食であり栄養が豊富なBASE FOOD®を「第3の選択肢」にする

健康に欠かせないタンパク質、ミネラルやビタミンは、野菜、魚介類、肉類による摂取が非常に重要です。しかし、途上国はこれらの食料を自給自足するのが難しく、経済的な理由から、これらを買って食べることもできないという状況にあります。

そこで私たちが考えていきたいのが、「主食をBASE FOOD®に置き換える」という新たな選択肢です。

BASE FOOD®は主食でありながら、全粒穀物と豆を主原料とし、豊富な栄養を含んでいます。多種多様な食材を用意するよりも、より安価に途上国の栄養不足問題を、解決する糸口になるのではないか。

今は研究開発の途上で、スケールメリットも小さいですが、将来的には途上国でも購入しやすい価格にできると思っています。それにより、日本の食と健康の貢献からスタートしたBASE FOOD®が、世界の健康にも貢献できると私たちは思うのです。

第3回では、食料問題と気候変動問題の意外な関係性と、そこにBASE FOOD®がどう貢献できるのかについてご説明いたします。

 

「ベースフード」が解決する世界の社会課題

第1回:個人の健康が社会課題解決の糸口となる~先進国を悩ませる生活習慣病と新型栄養失調~

第2回:途上国の栄養問題解決に、ベースフードがどう貢献できるのか

第3回:食が変われば地球環境が変わる。世界最大規模のフードロスにベースフードが挑む

第4回:植物性たんぱく質を上手に摂り、お肉を食べる生活を楽しみながら地球に貢献する