女性専門トレーナーからみた、BASE PASTA®が女性に嬉しいポイント

この度、ベストボディジャパン2013年東京大会の優勝者でもある岡崎秀弥氏の経営するパーソナルジム“Shibuya Fitness Sharez”に、完全栄養食“BASE PASTA®”を導入いただきました。

岡崎さんに引き続き、Sharezで女性専門のパーソナルトレーナーとして活躍中の内山瑠衣さんに、女性にとってのBASE PASTA®の魅力を伺いました。

Shibuya Fitness Sharez

内山 瑠衣

激戦区の恵比寿の女性専門パーソナルジムにおいて、月間120セッション以上のパーソナルトレーニングを提供してきた人気トレーナー。女性らしいしなやかな体を作り上げるために、体と食事のトレーニングだけではなくマインド面のアプローチから、その人にとっての幸せな生活をサポートする。

「パスタが食べられる」という嬉しさ

ー 内山さんから見たBASE PASTA®の印象はどうでしたか?

内山氏:トレーナーの仕事を始めてから、パスタというものを殆ど食べなくなっていたんですね。やっぱり糖質という部分で気になってしまい。だから本当に久しぶりに“パスタ”と名のついたものが食べられるのが嬉しかったです。

ジムに通う女性のしなやかな体づくりのためにも、どうしても糖質を抜いてほしかったりします。女性ってお昼はランチでちゃんと食べたりすると夜は控えたいんですね。そういうときに糖質を控えて2分で茹でて食べられるパスタがあるというのは魅力的に感じましたね。

この2分で茹で上がるというのは本当にいいなと思います。この間もバタバタして夜になってしまった時、冷蔵庫開けたら何も入ってなかったので、BASE PASTA®を茹でてオイルに絡めるだけで美味しくいただきました。麺に味があるので簡単な味付けでも満足できますよね。

手軽にバランス良く栄養素を摂るには?という質問が増えている

ー ありがとうございます。仕事や忙しくて食事になかなか時間がとれない人が増えてきていますよね。

内山氏:私のお客様でも忙しい人が多いですね。仕事で帰りが遅くなったり、休日出勤が多かったり。お子様がまだ小さい方もいらっしゃって、そうなってくると忙しいなかで自分に時間を割くのが難しいという方が多いんですね。コンビニのお弁当が多いとか、お惣菜を買って帰るとか。そういう方が女性の間でも増えていて。自炊しないので、皆さん。どうやってコンビニで食べたらいいですか?という質問が本当に増えてきています。手軽に取れるものでどうやったら栄養って摂取できるんですか?みたいな質問ですね。

自分の料理が周りの人に影響するという視点で食事を選択する

ー そういう方に対しては、どういうふうに食事指導しているんですか?

内山氏:食生活を変えるためにまずはマインドの部分から指導します。料理って女性が作るじゃないですか?それが子供に、旦那さんやおじいちゃんおばあちゃんにいくということに気づいてもらう。そういう視点を持って欲しいですね。自分だけじゃなくて、周りにも影響するという視点を持つと必然的に選ぶものも変わってくるというのが女性かと思います。その上で、簡単に栄養のとれるものはこういうものですよ、とかそういうお話をしています。その中で簡単にバランスよく栄養が取れるBASE PASTA®は勧めやすいですよね。

忙しい女性にこそちゃんと食べてほしい

ー 内山さんどんな方にBASE PASTA®を勧めたいですか?

内山氏:個人的にはやっぱり忙しい女性にお勧めしたいです。特に小さいお子様がいるお母さんって、子供にいちばん時間がかかって、旦那さんにご飯作って、最後に自分ってなった時に皆さんが口にしているのって菓子パンとかなんですね。でもお子さんや旦那様にはちゃんとご飯作ってて、なんで自分だけそんなないがしろにしているの?ていうのがすごく勿体無いなと思ってて。そういう時にこのパスタだったら簡単に栄養バランスをとることができるし、糖質もカロリーも少ないので安心して食べられるじゃないですか。だから、お子様が小さくて忙しくて、自分が最後になってしまう人に食べてほしいですね。運動がしたいけどできていないので、食事だけでも改善できないかという悩みを持っている方。そういう方にぜひ勧めたいと思っています。

ー ありがとうございます。忙しい方でもちゃんと食べて栄養バランスをとれるように、BASE PASTA®が少しでも力になれれば嬉しいです。今日はありがとうございました。

完全栄養の主食 BASE NOODLE®

 

BASE NOODLE®は、1食で1日に必要な栄養素の1/3がすべてとれるパーフェクトフード*。パスタからそば、アジア風まで、アレンジ自在なモダンヌードルです。詳しくはこちら→https://basefood.co.jp/

*栄養素等表示基準値に基づき、脂質・飽和脂肪酸・n-6系脂肪酸・炭水化物・ナトリウム・熱量を除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む。