キックボクサー・料理家・会社員。複数の肩書きをもつ前田さんのお気に入り「BASE PASTA®レシピ」

第6回となる定期購入者インタビューですが、今回はひとあじ違います。

お招きしたのは前田塁さん。ベースパスタのアンバサダーとして、ベースフードのSNSにもたびたび登場されています。

会社員でありながら、同時に複数の肩書きを持つ前田さんに、ベースパスタの魅力やおすすめレシピを伺いました。

都内在住、35歳。会社員であり、料理家であり、格闘家でもあり……

ワタシ  これまで定期購入者の方に数回インタビューをさせていただきましたが、前田さんに関しては、なにから伺っていけばいいか分からないんですよね(笑)。まず、会社員であることは間違いないんですよね?

前田さん  はい。11年目の社員です。

ワタシ  かつ、料理家であって、キックボクサーでもある……?

前田さん  そうです。まだほかにも色々あるんですけど、これ以上言うと話がややこしくなってしまうので。なにをやってる人か分からないなって自分でも思いますが、どれも趣味なんですよ(笑)。

ワタシ  料理を本格的にするようになったのは、会社員になってからですか?

前田さん  料理自体は昔から好きでした。クックパッドにレシピを投稿するようになったのは、会社員になってからです。6、7年ぐらい前じゃないかなあ。

前田さんは、クックパッドの男性人気ユーザー。(出典:クックパッド

ワタシ  ベースフードのSNSでよく前田さんのレシピをお見かけしますが、それもクックパッドに投稿されているものなんでしょうか。

前田さん  基本的にいまはInstagramにあげています。料理を作ったら、すぐにInstagramに投稿して、溜まってきたらそれをクックパッドにまとめて投稿するというかんじですね。Instagramはこんなふうに……

前田さんのInstagram。

ワタシ  ベースパスタだらけ……!

前田さん  ベースパスタだらけですよ。「もちろんベースパスタでね」ってひと言をお決まりでつけてるんです。

ワタシ  ベースパスタの総レシピ数はどれくらいあるんですか?

前田さん  30は超えていると思います。同じレシピでは作らないようにしているので。

ワタシ  どれもおいしそうですが、これまで作ったなかで、前田さんのベストレシピが知りたいです!

レシピ詳細は前田さんのInstagramからチェックできます!

前田さん  僕は明太子系が一番合うと思います。このマスカルポーネと明太子を合わせて作ったベースパスタがめっちゃおいしかったですよ。中華風あんかけもおすすめです。

ワタシ  ベースパスタって和風や中華風で召しあがる方も多いので、これはみなさん好きそうですね。ベースパスタを調理するときに、なにか気をつけていることはありますか?

前田さん  麺自体の味が濃いので、ソースも濃いめにするようにしています。あっさりしすぎていると麺の味に負けちゃうので、しっかりと風味のあるものにしたり。

ワタシ  ふんふん。

前田さん  あとは、写真を撮りたいので、緑や赤など、できるだけ色鮮やかな食材を使うようにしていますね。ベースパスタは麺が茶色なので、茶色の食材は極力使わずに作っています。

ワタシ  Instagramやクックパッドに投稿することを考えて、料理をしているんですね。

前田さん  人気者になりたいんで……。目指すは『モテクリエイター』です(SNSで人気の菅本裕子さんを参考にしているそう)。

ワタシ  モテクリエイター枠をお狙いになってたんですか。

前田さん  ええ。モテクリエイターのおっさん枠が空いてるな、と。

ワタシ  ベースパスタは、いつもどのタイミングで召しあがっているんですか?

前田さん  ほぼ夜、自宅に帰ってからですね。僕、この半年でキックボクシングを4試合しているので、ほぼ毎日、仕事後は練習があったんですよ。そうなると、いつも22時以降に帰宅することになるので、なかなかガツンとは食べにくいじゃないですか。

だからベースパスタはちょうどいいんです。茹で時間も1分で、すぐに食べられますし。

ワタシ  あの、キックボクシングのことも気になっているんですけど……。

前田さん  何者だこいつは、と(笑)。

ワタシ  ボクシングはいつ始められたんですか?

前田さん  去年の8月です。とあるYouTuberの方が、プロボクサーを目指すというテレビ番組の企画がありまして。そこで対戦相手を募集していたので、じゃあ行っとくか、と。応募したら、2000人ぐらいの応募者のうち、残りの4人に選ばれました。

ワタシ  ちなみに、それまでキックボクシング経験は?

前田さん  なかったですね。格闘技をするのも15年ぶりで。高校・大学で空手はやっていたんですけどね。

ワタシ  なんて無謀な挑戦を。

前田さん  それも決まったのが、試合の10日前でした。でも自分で手をあげたので、やるしかないなと思って。そこから試合までに、体重を2キロ落としまして。

ワタシ  10日で2キロって、いざやろうとするとちょっと大変ですよね。

前田さん  結構苦しかったですね。以前空手をしていたときは、どちらかというと体重が足りないほうだったので、それまで減量した経験がなかったんですよ。でも、人間慣れたらすごいもんで、この間の試合前は10日で3キロ落としたんですが、余裕でした。多分5キロくらいまでは、いまなら全然落とせます。

ワタシ  たとえば、10日で2キロ落とすときは、どんな食事内容なんですか?

前田さん  最初に試合が決まったときは、昼はスープストック、夜はベースパスタでした。栄養が不足するとパワーも落ちてしまうので、ベースパスタには助けられました。

スープストックトーキョーは食べるスープの専門店。こちらは3/2までのメニュー。(出典:スープストックトーキョー

ワタシ  食事制限も練習も、会社に通いながらですもんね。

前田さん  はい。仕事終わって、7時から22時くらいまで練習して、帰って料理して。追い込むときは、仕事前も練習に行きます。

ワタシ  朝練、仕事、そしてまた寝る前に練習……。

前田さん  そうです、ファイターです。試合前2週間くらいが食事制限と練習という感じで。

ワタシ  でも、半年で4試合して、そのうち試合前2週間が食事制限って、もうほぼ減量期間では?

前田さん  気づいちゃいました(笑)? そうなんですよ。ここ半年、あまり飲みに行っていなくて。次の試合は一回お休みしようと思っているので、飲みに行ってきます。

ワタシ  アンバサダーとして、今後ベースフードに期待したいことはありますか?

前田さん  パスタ以外にも作るんですかね? 「米」がほしいなあ。

ワタシ  なるほど、完全栄養米。

前田さん  最高じゃないですか。おにぎりにできて持ち歩けるから、米は便利なんですよ。オフィスでちっちゃいおにぎりを握って持ってきている子、よくいますしね。パスタはなににでも合うから料理しやすいけど、あんな風に持ち運びはできないので。

ワタシ  どうなんでしょう、栽培ってまたちょっと大変そうな……。

前田さん  舜さん(ベースフード代表)ならなんとかしてくれるはずだと! ぜひ作ってもらいたいです。

〜おわりに〜

前田さん、今後は動画配信だけでなく、あらたにラジオなどの音声配信もスタートするとかしないとか。

挑戦しようと思ってから、実行するまでのスピードがおそろしく速い前田さんに、こちらもワクワクが止まりません。

今後もアンバサダーとして、ベースパスタをよろしくお願いします!