主食から“ちゃんと食べる”

毎日おいしく食べている主食に、必要な栄養素が全て入っていれば、今まで通りのライフスタイルで健康でいられる、そんな想いで作りました。

1食に必要な ※1
31種の栄養素を全て含む
糖質
50% OFF ※2
茹で時間
2分
プレーンな味わいと
モチモチの食感

食習慣はそのままに、主食からすべての栄養を摂る

BASE PASTAには、厚生労働省が定めた基準に従い、1食に必要な31種の栄養素 ※1 が全て含まれています。
「主食にイノベーションを起こし、健康を当たり前にする。」
おいしいも、健康も、どちらも当たり前な食生活で"ちゃんと食べること"を大切に。

※1 栄養素等表示基準値(18才以上、基準熱量2,200kcal)に基づく
(過剰摂取の懸念されるカロリー・炭水化物・ナトリウムを除く)

※2 同じ重量の生パスタ(食品標準成分表2015年版)との比較

新着情報

2017/02/17

【はじめて食べる方はコチラ】オススメの食べ方を公開しました

2017/05/23

"Mugendai(無限大)"で紹介されました。

2017/05/23

"MAQUIA 6月号"で紹介されました。

2017/05/19

"Diet Plus"で紹介されました。

2017/05/12

"ar(アール) 6月号"で紹介されました。

2017/05/11

"NHK クローズアップ現代+"で紹介されました。

2017/05/06

"BUSINESS INSIDER"で紹介されました。

2017/04/13

"Tarzan 4月号"で紹介されました。

2017/03/06

"NHK"で紹介されました。

2017/02/22

"life hacker"で紹介されました。

2016/11/02

"WIRED"で紹介されました。

独自の配合でおいしさと完全栄養を両立(特許出願中)

BASE PASTAは、小麦全粒粉・チアシード・ビール酵母・ビタミン 等の栄養豊富な食材が練り込まれています。
100回以上の試作を繰り返し、モチモチとした食感とプレーンなおいしさを実現しました。

カロリーや糖質、塩分は控えつつ、必要な栄養素すべてが含まれています

学校や事業所などの栄養管理に用いる「日本人の食事摂取基準(2015年版)」に基づいているので、健康のために必要な栄養素をとることができます。近年、20代〜30代前半の働き世代の食事のバランスが乱れており、仕事や家事などの忙しさとあいまって「疲れがとれない」、「元気がでない」といった声を耳にします。忙しい方や外食の多い方こそ、手軽に栄養バランスの整うこのパスタを利用して、ご自身の体調管理に役立てていただきたいと思います。

管理栄養士 成島様

チアシード由来の穀物の香りが食欲をそそります。ライ麦や蕎麦に通ずる独特の香り。 小麦粉にはない複雑な香りが、いつものパスタより一段階リッチな気分にさせてくれる一品だと思いました。また、料理人目線ではありますがあらゆるソースにも工夫次第で適合し、料理を造る造り手をも楽しませてくれる素敵なパスタだと思います。料理好きな人には、毎日食べられるパスタとしてどんどん新しいレシピを開発して欲しいですね。

ペペロッソ 総料理長 今井様
(The Tabelog Award 2017 Bronze 受賞店)

安全な原材料のみを使用し、老舗の製麺所で製造

大手食品会社の原材料を使用し、麺類を60年以上作り続けてきた 小林生麺株式会社で生産しています。
社名に「生麺」とある通り、 生麺にこだわりのある生産者です。
小林生麺株式会社は、 品質と衛生管理の厳しい基準を満たす必要のある、
国際標準規格のISO9001の認証を受けている等、 安全安心の生産者です。

茹でたら栄養素が減りませんか?

茹でて栄養素が溶け出ても必要な量が残るよう、栄養素を増量して含んでいますので、ご安心ください。

ソースをかけたら栄養の摂り過ぎになりませんか?

日本人の食事摂取基準(2015年版)によると、必要量と耐用上限量(摂り過ぎとなる量)は数倍~数十倍の差があり、ソースをかけても耐用上限量を超えることはありません。また、他の食事からの摂り過ぎが懸念される栄養素(カロリー・糖質・ナトリウム)は、減量や排除をしておりますので、ご安心ください。

グルテンフリーですか?

グルテンフリーではありません。専門家(栄養士や栄養学教授)の指導を受けておりますが、グルテンフリーはグルテンアレルギーの方以外での効果は認められておらず、グルテンアレルギーは日本人には非常に少ないので、パンや麺類を食べて不調を感じない方は安心してお召し上がりください。

長期間保存できますが、保存のための添加物は使用していますか?

保存のための添加物は使用しておりません。真空包装した上で加熱殺菌することにより、缶詰と同じ原理で、常温で長期間保存できます。