close

戻るNEWS

2019/6/4 ニュース

完全栄養の麺「BASE NOODLE®」、常温版「BASE BREAD®」 2019年7月1日(月)より販売開始

ベースフード株式会社は、2017年から販売している、1食で1日に必要な栄養素の1/3を摂ることができる世界初の完全栄養パスタ「BASE PASTA®(ベースパスタ)を、2019年7月1日(月)よりリニューアルし、商品名を「BASE NOODLE®(ベースヌードル)」として販売します。同時に、2019年3月から販売する完全栄養パン「BASE BREAD®(ベースブレッド)」は、従来の冷凍パンから常温のパンにリニューアルします。

どちらも2019年7月1日(月)より、公式HP(https://shop.basefood.co.jp/)にて販売開始します。

■「BASE NOODLE®」 へのリニューアル経緯
当社の従来商品 「BASE PASTA®」 は、忙しい毎日の中でも栄養バランスの良いものを食べたいという多くの方にご愛食いただいてきました。しかし、日々ご愛食いただいているからこそ、「雑穀感が強い為、アレンジしにくい」「あわせるソースが限られてしまう」などの声があがり、よりおいしく、毎日の食事に取り入れやすい麺にするため改良を重ねてきました。そしてこの度、栄養はそのまま、麺自体の味をよりおいしく・食べやすくする改良に成功しました。

アレンジ次第で、パスタやそば、アジアンテイストなど、様々な味付けで楽しめる、味のバランスが整った麺になっていることから、パスタに限らず様々な「麺」料理に使ってほしいという想いを込めて、商品名を「BASE NOODLE®」に変更しました。

■「BASE BERAD®」冷凍パンから常温パンへのリニューアル経緯
これまでの「BASE BREAD®」は冷凍での保存が必須でしたが、日常食として常備する上で、「冷凍庫に入りきらない」「冷凍便での配送受け取りが面倒」という声があり、課題となっていました。

しかし、一般的な常温のパンは、冷凍パンよりも格段に保存期間が短く、BASE BREAD®をただ常温パンに改良するだけでは課題解決にならない為、常温で長期保存可能な、いわゆる”ロングライフパン”への改良を目指しました。実現には、多くの工夫が必要となりましたが、度重なるテストを重ね、この度ようやく、栄養はそのまま、合成保存料は使わず、常温で安心して保存・ご愛食いただけるBASE BREAD®に生まれ変わりました。

■BASE NOODLE®

〜従来商品「BASE PASTA®」からのリニューアルのポイント〜
◉原材料の追加、配合の見直し:卵黄粉末、卵白粉末、アマニ油を新たに加えることで、栄養はそのまま、より味のバランス・食感が整い、原材料それぞれのうまみが調和する麺になりました。

■BASE NOODLE®に合わせるオリジナルソースもリニューアル
公式ウェブサイトから販売するオリジナルソースも、7月1日より以下のラインナップにリニューアル。パスタに限らず、様々な味付けで楽しめるBASE NOODLE®に合わせて、4種類のソースをご用意します。

  • 「コクと旨みのボロネーゼソース」:お肉や玉ねぎを煮こんでうまみをひきだした、定番のボロネーゼソースです。
  • 「とろとろ玉ねぎとアンチョビのソース」:とろとろに煮込んだ玉ねぎに、アンチョビをあわせました。
  • 「具材たっぷり 中華風あんかけソース」:ごま油が香るあんかけソース。にんじん、はくさい、きくらげの具材が入っています。
  • 「ピリ辛 台湾まぜそばソース」:花椒がじわりとしびれる、本格派の台湾まぜそばソースです。

■BASE BREAD®

〜従来の冷凍品から、常温化へのリニューアルポイント〜
◉長期間、菌などを発生させない為の水分量コントロール:焼成時間を調整し、パンの中の水分量をコントロールすることで、合成保存料は使わず、日持ちするパンを実現しました。

◉長期間おいしく食べていただくための、包装形態の工夫:パンとしての風味・食感などを持続させるために、パッケージ内から酸素をなくして菌が育ちにくい包装形態にすることで、長期間の保存でもできるだけ配送直後の状態を保てるようにし、おいしさを維持しています。

※1 栄養素等表示基準値に基づき、脂質・飽和脂肪酸・n-6系脂肪酸・炭水化物・ナトリウム・熱量を除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む。
※2 日本食品標準成分表2015年版(七訂)より、生パスタとの比較(同量)
※3 日本食品標準成分表2015年版(七訂)より、ロールパンとの比較(同量)