本サイトはベースフード社によるオウンドメディアであり、アフィリエイトリンクの掲載は行っておりません

ハードなからだづくりを支えるお守りだった~グラドル最速ランナー・ぱつこさん~

小学校教諭として勤務した後、大学院で心理学を学びながらグラビアアイドルとしてデビューしたぱつこさん。「グラドル最速ランナー」(自称)としてマラソンでも活躍し、日々ハードなトレーニングとグラドルの仕事、心理学の勉強といそがしい毎日をおくっていらっしゃいます。

そんなぱつこさんは、からだづくりや練習のパフォーマンスを保つために、日々BASE BREAD®を愛食しています。彼女のマラソンとの出会い、そしてBASE FOOD®を食べはじめたきっかけを教えていただきました。

もくじ

インドア派から「グラドル最速ランナー」になるまで

――ぱつこさんは「グラドル最速ランナー」という肩書きで活動していますよね。学生時代は陸上部だったんですか?

ぱつこさん 実は中学校時代はバスケットボール部で、陸上は未経験でした。大学院の進学をきっかけに「あたらしい趣味をつくろう」と思い、友人に誘われたことがきっかけでマラソンをはじめたんですよね。

当時はゲームが大好きで、部屋に引きこもりがちでした。なにか「陽キャ」な趣味をつくりたいなあというタイミングで、マラソンと出会いました。

――今の活躍からは想像できないですね。最初に走りはじめた時は、結構大変だったのでは?

ぱつこさん 超しんどかったです(笑)。

はじめのうちは、日中走ると気持ち悪くなるくらい体力がありませんでした。そんななか、友だちが「やるなら目標があった方がいい」って、ハーフマラソンに無理やり申し込まされたんですね。

そのときの結果が、2時間1分だったんですよ。

 

――1kmあたり6分切るペースですよね。初出場なのにすごく速いと感じます。

ぱつこさん 割と速く走れたと思います。でも、それ以上にすごくたのしかったんですよね。出場したのは山中湖ロードレースのハーフマラソンの大会だったんですが、周りの景色がすごくきれいで…。

沿道に集まったみなさんやボランティアさんの声援もうれしくて、なにか「人生を走ってる!」みたいな気持ちになっていました(笑)。

つらかったんですけど、走り切った達成感が大学院に合格したときの気持ちとリンクして、すごくうれしかったのを今も覚えています。

――そうだったんですね。

ぱつこさん それでも、マラソンはあくまで趣味でした。グラドルをはじめて、当時の事務所に「どれくらい本気でがんばれるのか見せてみろ」と言われて。

そこで、サンケイスポーツさんが主催する、「サンスポGoGoクイーン」というアイドルオーディションに応募しました。ファンの方々の応援もあって、準グランプリに選ばれたんですね。

サンスポさんからのお仕事も増えていったんですが、そのひとつが「千葉マリンマラソンへの出場」でした。結果は11位で、あとひとり抜いていたら入賞だったんです。

――すごい。かなり惜しかったですね!

ぱつこさん 仕事を依頼してくれたサンスポの方にも、「ぱつこちゃん、本格的に走ればもっと伸びるよ」と言ってくれて。それから、今のように練習もこなすようになりました。

一応、私のベストタイムはフルマラソンが3時間20分で、ハーフマラソンが1時間32分なんですね。調べた限りでは、私よりタイムの速いグラドルさんがいなかったので、「グラドル最速ランナー」と自称しています(笑)。

マラソンランナー、グラドルどちらも両立させるからだづくり

――実際にぱつこさんのYouTubeを観たんですが、かなりハードな練習をしていますよね。

ぱつこチャンネル – YouTube

ぱつこさん 今は週4〜5日は走っているかな。最近は1回の練習で10km前後は走っていて、1ヶ月合計で150~200kmは走っていますね。

――すごい距離ですね…。どんな練習をこなしているんですか?

ぱつこさん 例えばこの前は、ウォームアップで5km、3kmを本気で走って、2kmはペースを変えて、最後の5kmはジョギングペースで…という感じで、トータル15km走りました。

ショートインターバルという短い距離を走る→休むを繰り返す練習もしています。私はマラソンランナーですが、短距離にも向いているらしくて。この練習は結構好きなんですよね♪

――バリエーションが豊富ですね。普段の練習で、こころがけていることはあるんですか?

ぱつこさん バランスよく運動するようにしています。ランナーとして走る練習も大事ですが、それだけだと細身になってしまいます。グラビアアイドルとして女性らしい体型も維持したいので、適度に筋トレをするようにしています。

筋トレをすると、やっぱりメリハリのあるスタイルが作りやすいんですよね。特に好きなのは腹筋ですね。ちょっと追い込めばうっすらラインが見えるようになるし、1週間毎日やると、くびれもつくれます。

苦手なのは、自分の弱い筋肉のトレーニングですね。わたしは「お尻がきれい」と言われるんですが、トレーナーいわくうまくつかえていないらしくて。お尻や裏もも、内もものトレーニングは、大切なんですがうまくできないので大変です(笑)。

 

運動をきっかけに「食べていいんだ」と思えるように

――運動だけでなく、食事で意識していることも多いと思いますが。

ぱつこさん そうですね。グラビアアイドルだけで活動していた時は、あまり食べないようにしていました。私は太りやすい体質で、食べた分ちゃんと太ってしまうので。

――今のスタイルからは想像もできないですね…。

ぱつこさん ですが、マラソンタレントとして活動するようになって、筋トレやランニングもするようになったら、以前と同じ体重でもきれいなスタイルが維持できるようになりました

食事もしっかりとるようになりました。以前太ってしまうのが怖くて、食べることに抵抗があったんですよね。今は食べないと、運動に必要なエネルギーが枯渇しているのを強く感じるようになったし、やっぱり思うように動けなくなるんですよね。

ランニングのコーチからは、「中身に気を付ければ食べても大丈夫」と教えられました。以前と比べてたんぱく質をとるようになったし、炭水化物もしっかりとるようになりました。

筋トレのトレーナーにも、やっぱり食事の中身が大事と言われたんですよね。ジャンルの違うトレーナーが同じことを言うなら、それは守らなきゃなあと。同時に、「食べていいんだ」という安心感にもつながりました

――そうだったんですね。特に食べるようになった食材などがあれば、ぜひ教えてください。

ぱつこさん 卵とアボカドです。どっちもトレーナーにすすめられました。卵はもともと好きだったんですが、「卵を食べると太る」と昔聞いて、食べなくなっちゃんですよね…。

でも、改めて栄養素を見つめ直すと、「たんぱく質豊富だし、全然太らないじゃん!」って気づいたんですよね。

アボカドは、たんぱく質もそうですが良質な脂質があります。油は太る!と思われがちですが、不足すると肌がカサカサになります。しっかりと、いい油をとることは大切だと気づきました。

 

BASE BREAD®が過酷なダイエットのお守りに

――BASE FOOD®はいつ頃知ったんですか?

ぱつこさん シェアハウスのルームメイトが、ベースフードの社員さんと知り合いだったんです。コロナ禍で外に出られないとき、ベースフードさんが「よければ食だけでも楽しんでください」と、シェアハウスにBASE BREAD®を送ってくださいました。

それが、BASE FOOD®との最初の出会いです。ただ、当時は「このパンおいしいね〜」くらいの感想で、自分で買うことはありませんでした。

そこから2年ほど経過して、『週刊プレイボーイ』さんとお笑い芸人の野田クリスタルさんが監修するクリスタルジムがコラボした「美ボディ計画」という企画に参加させていただきました。

「美ボディ計画」は、グラビアアイドルが約1ヶ月半、本気でトレーニングをしたらどこまでうつくしいからだに仕上がるかという企画です。ここで筋トレやランニング、食事をサポートしてもらいました。

企画に参加した以上、やっぱり結果を出したいじゃないですか。短い期間なので甘いことは言えないなと、運動も食事もかなりストイックに取り組みました。食事量も、普段が10としたら6くらいまで減らしていたと思います。

――かなり減らしていたんですね。

ぱつこさん トレーナーからは「しっかり食べてね」と言われていました。「この時間帯はこれを食べましょう」「運動前後にはこれがおすすめですよ」とか。

けれど、当時はいろいろ悩んでしまったんですよね。

「太ったらどうしよう」
「仕事だし結果を出さないと」

もちろん、マラソンのためには食べないと調子が出ません。いろいろ考えてしまい、何を食べたらいいか分からなくなってしまったんです。

そんな時、ふとコンビニに入って見つけたのがBASE BREAD®でした

 

ぱつこさん トレーナーからは、「とにかくたんぱく質は大事です。走るなら炭水化物も食べましょう。ビタミンやミネラルも大切ですが、塩分はひかえましょうね」と言われていました。

BASE BREAD®の成分表を見ると、これが全部クリアされていたんですよね

「たんぱく質もあるし、炭水化物も含まれている。脂質は少なめでビタミン豊富だ。プレーンだと塩分も少ない!」って。これならいけるかも!と思いました。

その後のランニングもすごく調子がよくて。やっぱり食べなきゃダメなんだと痛感しました。

――まるで砂漠でオアシスを見つけた感じですね。

ぱつこさん まさにそんな感じです!

BASE BREAD®をSNSにアップしたら、美ボディ計画に参加していた他のグラドルの子も、「私も食べてる!これいいよね」って反応してくれて。やり取りを見ていたトレーナーも、「BASE BREAD®はおすすめだよ」と太鼓判を押してくれました。

それ以来、BASE BREAD®が過酷なダイエット期間の、すごく素敵なお守りになってくれましたね

それ以来、コンビニに行ったときに見かけたら、ランチ代わりに買って食べています。

――BASE BREAD®は何味がお好きですか?

ぱつこさん 一番好きなのはチョコレート味です!チョコをオーブンであたためて食べています。メープル味もそうですが、あたためると香りが増すので、味覚だけじゃなく嗅覚でも食事をたのしめるのがうれしいです。

BASE FOOD®のアンバサダーになったことをSNSで告知したら、「これわたしも食べてるよ!」って教えてくれるランナーさんがすごく多かったのに驚きましたね

あと、トライアスロン選手さんも食べていました。ハードな運動をするアスリートさんほど、BASE FOOD®はおすすめできますね。

ずっと動き続けるエネルギーを確保しながら、たんぱく質もとれるのがBASE FOOD®のいいところです。しかも手軽でおいしいのが、すごくいいですよね。コンビニで食べられるようになって、すごく手にとりやすくなりました。

 

――ありがとうございます。これからもアスリートのみなさんにBASE FOOD®を活用いただけたらと思っているので、心強いです。最後に、今後の目標があれば聞かせてください。

ぱつこさん フルマラソンで3時間10分の記録を達成したいですね。あとは『Tar〇an』に出たいです!(笑)。

もくじ