【おすすめ簡単レシピあり】糖質20グラム以下の生活から、ベースパスタ生活に変えた理由。〜定期購入者インタビュー vol.11〜

今回の定期購入者インタビューのゲストは、ご夫婦でベースパスタを愛用してくださっているという、このおふた方。

梅原聡さん、碧(みどり)さん。これまで、ベースパスタの1ヶ月体験モニター「#30日間BASE PASTA生活」や、栄養バランスを整えながら、しなやかで筋肉質なからだを目指す期間限定のプログラム「#BASE PASTA CAMP」にもご参加されています。

ベースパスタが初めて商品化された、クラウドファンディング時代から購入されているおふたりに、ベースパスタを愛用する理由やおすすめレシピを伺ってきました。

パスタだけじゃない、バラエティ豊かなアレンジ料理

白川(ベースフード) おふたりは長くベースパスタを愛用なさっているそうですが、最初はどういうきっかけでベースパスタを手にとられたのでしょうか?

聡さん 友人のfacebook上で、ベースパスタのクラウドファンディングのプロジェクトを見かけたのが最初です。達成されるのかなあ? と思いながら、興味があったので支援して。当時、彼女(碧さん)と付き合っていたので、「面白いものがあるから、楽しみにしときや」ってそんな感じだったんですよ。

白川(ベースフード) プロジェクトの立ち上げは、2016年10月ですね。

聡さん はい。半信半疑だったんですが、本当にプロジェクトの目標額を達成されて、無事手元に商品が届いて。彼女(碧さん)は蕎麦が好きなんですけど、僕はアレルギーを持っているので、それまで一緒に蕎麦を食べられなかったんです。

でも、ベースパスタは見た目も蕎麦に似ているので、「蕎麦を食べた気分になる!」と言いながら、ふたりで食べていました。つけ蕎麦風にしたり、まきすで巻いてみたり。

白川(ベースフード) まきすですか……?

碧さん 蕎麦寿司みたいに海苔で巻いて、お醤油をつけて。昨日もまた久しぶりに作ってみたんですけど、やっぱりおいしかったですね。

 

View this post on Instagram

 

Dollyさん(@dolly_mk5)がシェアした投稿

碧さんのInstagram。

白川(ベースフード) あ、たしかにベースパスタを蕎麦寿司にアレンジしてくださっている写真、SNSで拝見したことあります!

聡さん まきすがなかったので、適当に作っちゃったんですけどね(笑)。こういうアレンジをやってみてもいいのかなと。

碧さん 最初はパスタとして食べていたんですが、パスタ料理だけだと面白くないなあと思ってアレンジを重ねていくうちに、だんだんとバリエーションを増やすのが楽しくなってきました。

焼きそばや焼うどんの味つけをしてみたり、カリカリに焼いてモダン焼きのようにしたり、刻んでチャーハン風にしたり、ありとあらゆるアレンジをしましたね。塩ラーメンだけはちょっと合わなくて失敗でしたけど(笑)。

白川(ベースフード) 本当にたくさんためくださっているんですね!

碧さん もし茹で時間が2分という短さじゃなかったら、多分こんなに続いていないと思います。

聡さん うん。とにかく簡単で早い。シーフードミックスとネギを入れて、レモンとオリーブオイルをかければなんとかなるもんね。

白川(ベースフード) おいしそう……! ベースパスタは真こんぶ粉末が練りこまれているので、魚介との相性が良いのかもしれません。

聡さん 酒盗とマヨネーズと混ぜたりとか、牡蠣と炒めてもおいしかったです。

冷凍牡蠣・きのこ・豆苗などを入れたベースパスタ。お弁当にして職場でも食べてくださっているそうです。

聡さん 食べ続けていると、それなりに愛着もわいてきて(笑)。「内容量が125グラムから130グラムに変更された!」とか「ちょっと味変わったで!」って、ふたりでよく話したりしています。

「常に体が疲れているような感覚だった」スーパー糖質制限生活

碧さん わたしはもともと、ベースパスタですら糖質が気になるくらい、大変な糖質制限を何年か続けていて。

聡さん 毎日できるだけ糖質20グラム以下に抑えるみたいな、極端な生活をしてたよね。ご飯を見るのが怖いっていうくらいの。

碧さん 糖質を全然とらないので、常に便秘気味で、からだが疲れているような感覚がありました。甘いものがどうしても食べたいときは、糖質の低い動物性の生クリームをボウルいっぱいに泡立てて、オリゴ糖をかけたものをおやつにするみたいな、そういう生活をしていたんです。それで10キロ痩せたんですが、やっぱり長くは続かなくて。

糖質が気になりつつも、ベースパスタを食べるようになってからは、便秘もするっと解消することができました

白川(ベースフード) ベースパスタを食べ始めて便通がよくなったという声は、たしかにいただくことがあります。

碧さん 糖質を気にしているときは、糖質37.3グラム(ベースパスタの含有量)でも怖くて食べられないけど……。

それでも普通にパスタや焼きそばを食べるとしたら、糖質80グラムとか含まれているものが多いので、それを考えるとゆるく長く続けられるベースパスタはいいのかなあと。お通じもよくなるし、なにより健康的だと思います。

聡さん 食べ応えもあるしね。おなかにしっかりたまる。

碧さん そうそう。ほかの糖質を抑えた麺やこんにゃく麺もこれまでいろいろためしたんですけど、炒めると水分が出てきちゃったり、食感がどうしてもこんにゃくそのものだったりして、アレンジするのには向かないんですよ。

 栄養のためにおいしくないものを食べたくないし、おいしいからといって不健康なものも食べたくないし。その間をとってくれるのが、ベースパスタです。

白川(ベースフード) ありがとうございます……!

ベースフードの公式レシピ、簡単すぎる……?

碧さん ベースフードの公式レシピ集、あれ面白いですよね。おすすめされていたキューピーの「あえるパスタソース だし香る納豆」、ためしてみると、たしかにおいしかったんですけど、公式が市販のソースをかけるだけっていうのを推しているのは珍しいなと思って(笑)。

白川(ベースフード) あはは。最初は調理工程が多いレシピも載せていたんですが、ユーザーさんの割合的にもっと手軽に食べたいという方がとても多かったんです。

普段料理をされる時間がないとか、料理が苦手で栄養バランスのとれた食事をとりにくいという方に向けて、「【保存版】BASE PASTA™のおいしい食べかた」には、とにかく簡単で、すぐに食べられるものを載せるようにしました。

聡さん なるほど。そういう人にこそ、手にとってもらうべき商品ですもんね。

白川(ベースフード) 相性のよいソースや食べ方が見つけられなくて、「おいしくないから、やめた!」ってなっちゃうのは、私たちとしても悲しいので、できるだけその手間はないようにしたいんですよね。

聡さん それなら僕ら、おすすめのレシピがありますよ。茹でたベースパスタを水で冷やして、コンビニで買えるミックスサラダをどばっとのせて、ごまドレッシングとほんの少しのめんつゆをかけるだけ。これ、本当においしいです!

碧さん オクラとか入れるともっとおいしいけど、ミックスサラダだけで十分だよね。暑くて食欲がないときは、氷でしめて。

聡さん 「ちょっとのめんつゆ」がポイントです。ごまドレッシングだけだと味がぼやけてしまうので。面倒で料理したくないという人に、ぜひこのレシピでベースパスタを食べてみてほしい! まあ、某うどん屋さんのお気に入りメニューを真似ただけなんですけど(笑)。

白川(ベースフード) あはは(笑)。それはぜひ、わたしたちでもためしてみたいと思います。これからもいろんなアレンジをしながら、愛用していただけるとうれしいです。

取材では、ベースパスタのマーケティングについて熱く語られる場面も。

「こんなに自由に喋っていいんかなあ?(関西弁)」という聡さんに、思わず取材テープを聴き返しながら笑ってしまうような、たのしい時間でした。

また新たなベースパスタアレンジを見つけたら、ぜひ教えてください。(次はフライヤーで揚げてパリパリ麺サラダ風にしたり、すり潰してパンケーキにすることを計画されているようです……アレンジの幅!)

聡さん、碧さん、ありがとうございました!