ベースフードの考える「健康」第4回:食事から考える幸せな生き方

みなさん、こんにちは。ベースフード株式会社、代表の橋本舜です。

BASE FOOD®を作るうえでの健康のスタンスを、全4回でお送りする『ベースフードの考える「健康」』。前回は栄養・運動・睡眠という、私達の健康を支える3要素の関係性をご紹介しました。いよいよ最終回となる第4回は、栄養や健康をより広い観点から考えていきたいと思います。

わたしたちが健康を求めるのは、なぜでしょうか?今を、明日を、そして人生をよりよく過ごしたいからと答える方は、少なくないはずです。今だけでなく、年を重ねてもできるかぎり心身ともに健康な状態を維持したい。そんな願いと食事には、切っても切れない関係があるのです。その根拠となるお話を、2つご紹介いたします。

よりよい精神はよい腸内環境から

「健康のために腸内環境を整えよう」。すでに多くのメディアで、腸内環境の重要性が示唆されています。腸内細菌は、善玉菌・悪玉菌・中間菌(日和見菌)に分けられ、それぞれの割合は肥満、糖尿病などと密接に関係すると言われています。

腸内に存在する細菌は、約1000種類。その総数は100兆個と、地球上に住む人類70億以上ですら、足元に及びません。わたしたち一人ひとりが、膨大な細菌が住む惑星と言っても差し支えない数字ですね。

腸内環境の改善は、肥満や生活習慣病、大腸がんのリスクを下げるとも言われています。近年の研究でも、アスリートなどの競技パフォーマンスに、腸内環境が影響しているという報告も見られています。わたしたちの身近な生活を考えても、「腸内環境は重要」と思えるシーンがたくさんあるのではないでしょうか。

お腹の調子がよければ仕事にも集中できるし、趣味も思い切りたのしめます。身体的な健康だけでなく、毎日をハッピーに過ごすというメンタルヘルスの観点でも、腸内環境はかなり重要なファクターです。

腸内細菌において、善玉菌を増やす作用を持つとされるのが食物繊維です。BASE FOOD®にも、よい腸内環境をつくるために、1食あたり6~7gの食物繊維が含まれています。

ちなみに…食物繊維が一般的に注目されるようになったのは、ここ2、30年の間だったのではないでしょうか。それ以前は、エネルギーにならず消化・吸収もされない不要なものとされていました。時代を重ねながら、わたしたちの健康の情報は常にアップデートされていると感じられるエピソードです。

食事は「寿命」にも大きな影響がある

科学が進歩するにつれ、人類の平均寿命は伸びています。同時に、寿命に対する考え方も、時代を追うごとに変わってきたのではないでしょうか。単純に寿命を伸ばそうという観点から、健康寿命を延ばすという考え方へ。そして、現在は「老化を遅らせる」研究すら実用化の可能性が見えつつあります

そんな老化の研究の第一人者、ハーバード大学医学大学院教授のデビッド・A・シンクレア氏は、ベストセラー『LIFE SPAN~老いなき世界~』で「老化は治療できる病気」という、衝撃的な言葉を記しています。

書籍の中で、老化を遅らせるための食事法も紹介されていました。そこでは、精白穀物を避けること、豆類を食べること、食事量を少なめにすること、が提案されていました。日本人の食文化である「粗食」や「腹八分目」という言葉を、想起させるような話ですね。

しかし、単純に普段の食事量を減らすと、何らかの栄養素が不足する可能性が高まります。なので、健康的な日々を送るには

  • 腹八分目に食事を抑える
  • 「日本人の食事摂取基準」で示された必要量の栄養素を摂取する
  • 「ハーバード食事プレート」で推奨されている食材(豆類、野菜、全粒穀物など)をチョイスする

これらすべてをなるべく満たす必要があります。すごく大変だということは、想像に難くありません。栄養と食のプロフェッショナルである栄養士さんも、日々さまざまな考えをめぐらせて学校給食などの献立を考えているのです。

もう少し楽に、食事量や栄養バランスのハードルをクリアできないものか。

BASE FOOD®には、そんな思いも込められています。食べ過ぎなくても1食分の栄養をすべて満たし、おいしく食べられる。その思いの果てに、最新の研究で示されている「老いのない人生」にもBASE FOOD®が貢献できるとしたら….。わたしたちにとって、チャレンジが尽きることはありません。

橋本舜(はしもと しゅん)
ベースフード株式会社 代表取締役 1988年生まれ、大阪府出身。東京大学教養学部卒業後、株式会社DeNAに新卒入社。駐車場シェアリングや自動運転移動サービス等の立ち上げに従事。新規事業を担当し、社会課題と向き合う中、健康維持・病気予防の個人および社会における重要性を強く認識する。 2016年に「主食をイノベーションし、健康をあたりまえに」をミッションとするベースフード株式会社を設立し 、完全栄養の「BASE PASTA®」を開発。その後、「BASE BREAD®」「BASE Cookies™」の販売も開始し、さらなる新商品の開発、国内での普及及び海外展開に尽力している。

 

ベースフードの考える「健康」
第1回:健康に必要な栄養ってなに?
第2回:食事にまつわる2つの基準
第3回:栄養・運動・睡眠の「バランス」が健康の土台を作る
第4回:食事から考える幸せな生き方