本サイトはベースフード社によるオウンドメディアであり、アフィリエイトリンクの掲載は行っておりません

ベースパスタに含まれる栄養素は?種類や使用されている原材料についても解説

「ベースパスタに含まれる栄養素を知りたい」「ベースパスタにはどのような原材料が使用されているか気になる」と考えている方も多いのではないでしょうか。ベースパスタは完全栄養食のBASE FOODシリーズのパスタであり、1食で1日に必要な栄養素の1/3を摂取可能です。

今回の記事では、ベースパスタの特徴や種類、ベースパスタに含まれる主な栄養素や原材料を紹介します。また、実際にベースパスタを購入した方の口コミや、ベースパスタをおすすめできる方の特徴のほか、購入方法についてもあわせて解説します。

ベースパスタの購入を検討している方や実際に購入した方の口コミについて知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

からだに必要なもの、 全部入り※3

\痩せるパスタなら、BASE PASTA®️/


※1 おひとりさま1回限りのご利用となります。
現在継続コースをご利用されている方はご利用できません。
※2 1回目お届け以降、いつでも内容変更・解約可能。(送料別)

  • 一般的なパスタと比べ、糖質約30%オフ
  • 1日に必要な栄養素の1/3が摂れる
  • 店頭価格よりも1食100円以上お得
  • 初回限定!20%OFF!(2回目以降も10%OFF) ※1
価格 冷凍パスタ6袋セット
5,012円 4,188円
2回目以降も、10%OFF ※2
原材料 全粒粉やチアシードなど10種類以上の原材料をブレンド
保存期間 ご注文日から約1ヶ月前後
継続コース初回特典 ・初回限定で商品価格20%OFF
・200円分のポイントGET

【今だけ】初回・再開者継続コース限定

※3 1食で、栄養素等表示基準値に基づき、他の食事で過剰摂取が懸念される、脂質・飽和脂肪酸・炭水化物・ナトリウムを除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む。
もくじ

ベースパスタとは

ベースパスタはベースフードから販売されている商品であり、ビタミンやミネラル、たんぱく質などの栄養素が詰まったパスタです。アレンジが自由自在であり、洋風でも和風でも楽しめるように作られています。

余計な食品添加物は不使用で、安心して口にできる商品だといえるでしょう。詳しい原材料やアレルゲンについて、具体的に解説します。

1食で1日に必要な栄養素の1/3が摂取可能

ベースパスタには26種類のビタミンとミネラル、たんぱく質や食物繊維などの栄養が配合されており、1食で1日に必要な栄養素の1/3が摂取できる完全栄養食です。糖質は一般的なパスタと比較すると約40%オフで、健康に気を遣っている方におすすめです。

原材料やアレルゲンは次のとおりです。

原材料

小麦たんぱく(フランス製造)、小麦全粒粉、小麦胚芽、大豆粉、米ぬか粉、卵黄粉末、卵白粉末、発酵調味料、アマニ油、還元水飴、調味酢、米酢、大豆油、粉末油脂、昆布粉末、酵母 / 加工でん粉、調味料(無機塩)、酒精、アルギン酸カリウム、卵殻カルシウム、(一部に小麦・卵・大豆を含む)
アレルゲン(28品目対象) 小麦、卵、大豆

シンプルな原材料であり、全粒粉や胚芽などの自然成分を主に使用しています。

ベースパスタの種類

ベースパスタには、アレンジしやすい細麺のアジアンと平打ちのフェットチーネの2種類があります。それぞれの種類における特徴や、おすすめアレンジについて詳しく解説します。

アジアン

アジアンは細麺のパスタで、アレンジが効きやすい点が特徴的です。ペペロンチーノなどのオイルパスタや、アラビアータなどのトマトパスタなど比較的あっさりとした味付けとの相性がよいでしょう。

また、焼きそばやラーメンとしてのアレンジも可能です。ぜひ自身の好みに合うアレンジを試してみてください。

フェットチーネ

フェットチーネは、もちもちとした食感の平打ち麺です。クリームパスタなど、濃厚な味付けとの相性がよいでしょう。

太めの麺のため、食べ応えがある点も特徴的です。

あわせて読みたい
ベースパスタのおいしい食べ方を紹介!おすすめの調味料や食材についても解説 「健康のためにベースパスタを食事に取り入れたい」「ベースパスタを購入したけれどおいしい食べ方がわからない」と考えている方もいるのではないでしょうか。ベースパ...

ベースパスタに含まれる主な栄養素

ベースパスタには、豊富な栄養素が含まれています。

ベースパスタに含まれる特筆すべき主な栄養素は、次のとおりです。

  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • 26種のビタミン・ミネラル
  • 必須脂肪酸

たんぱく質は、皮膚や髪の毛の主成分となる重要な栄養素です※1。食物繊維は便通を整え、便秘を防ぐために欠かせない栄養素といわれています※2。

ビタミンやミネラルは体の調子を整え、必須脂肪酸はホルモンや細胞膜を作るために必要です。それぞれの栄養素における配合量や詳しい働きについて、具体的に解説します。

たんぱく質

ベースパスタには、1食あたり29.8gのたんぱく質が含まれています。たんぱく質は筋肉や臓器など、体を構成する要素として欠かせない栄養素です。

普段の食事では補いきれないこともありますが、ベースパスタを食事に取り入れることで必要なたんぱく質を適量摂取できるでしょう。また、たんぱく質を消化する過程で分泌されるホルモンには、食欲を抑える効果もあります。

そのため、体型維持を目指している方や健康に気を配っている方は積極的にたんぱく質を摂取するとよいでしょう。たんぱく質は食事をエネルギーに変換する働きもあるため、脂肪燃焼や基礎代謝の維持にも効果的です。

食物繊維

ベースパスタには、全粒粉や大豆などを由来とする食物繊維が10g含まれています。食物繊維は、脂質や糖を吸着して体外に排出する働きがあります。

また、便のかさを増やして便通を整える効果もあるため、便秘に悩んでいる方は積極的に食物繊維を摂取するとよいでしょう。食物繊維は、腸の蠕動運動を活発にする働きがあり、腸内環境を整える効果があるため、健康的に生活を続けるために欠かせない栄養素です※2。

26種のビタミン・ミネラル

ベースパスタに含まれるビタミンやミネラルは、次のとおりです。

ナトリウム、亜鉛、カリウム、カルシウム、クロム、セレン、鉄、銅、マグネシウム、マンガン、モリブデン、ヨウ素、リン、ナイアシン、パントテン酸 、ビオチン、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、葉酸

ビタミンはエネルギー生成のサポートや体の調子を整える働きを担っています。体内では合成できない栄養素も多いため、食べ物からの摂取が不可欠です※3。

ミネラルにはそれぞれ大切な働きがあり、補酵素として代謝を促したり心身の働きを調節したりする働きをもっています※4。ベースパスタは体に必要な26種類のビタミンとミネラルをすべてカバーしているため、完全栄養食といわれています。

必須脂肪酸

ベースパスタには、アマニ油由来のオメガ3脂肪酸が1.1g含まれています。オメガ3脂肪酸には血流の改善やコレステロールの低下、アレルギーの抑制などに効果があるといわれています。

幅広い効果を発揮するため、積極的に摂取したい栄養素のひとつです※5。

ベースパスタの主な原材料

ベースパスタの主な原材料は、次のとおりです。

  • 小麦たんぱく
  • 小麦全粒粉
  • 小麦胚芽
  • 大豆粉
  • 米ぬか

ベースパスタは主に小麦や大豆、米から作られていることがわかります。それぞれの主な原材料における働きや特徴について、詳しく解説します。

小麦たんぱく

小麦たんぱくは、小麦から抽出される植物性たんぱく質を指します。小麦たんぱくにはグリアシンとグルテニンの2種類の成分が含まれています。

小麦たんぱくは水とあわさることで小麦粉特有のグルテンを作り出し、もちもちとした食感になります。小麦たんぱくは麺のコシに必要不可欠であり、食感を良くする働きがあります。

小麦全粒粉

小麦全粒粉とは、小麦をまるごと粉状にしたものを指します。全粒粉には小麦粉の栄養がまるごと含まれています。

ビタミン類をはじめ、ミネラルやたんぱく質などのさまざまな栄養素が含まれています。小麦全粒粉にはとくに食物繊維が豊富なため、満腹感を得たり摂取カロリーを抑制しする効果につながる点も特徴として挙げられます※6。

小麦胚芽

胚芽は植物の種子の中にあり、成長すると芽になる部分を指します。そのため、小麦胚芽とは小麦の胚芽部分のことです。

小麦胚芽にはたんぱく質や食物繊維が豊富に含まれ、ビタミンやミネラルも豊富です。小麦胚芽には重要な成分が集中しているため、豊富な栄養素が含まれています※6。

大豆粉

大豆粉は、生の大豆または低温調理した大豆を、まるごと粉状にしたものを指します。大豆をまるごと粉にしているため、高い栄養価を誇る点が特徴です。

大豆は小麦と比較すると糖質が少なく、たんぱく質や食物繊維が豊富に含まれています。その他にも含まれる栄養素として、カルシウムやイソフラボンが代表的です※6。

肌や髪の毛の状態を保つために必要であり、イソフラボンは抗酸化作用をもつ栄養素として美容にも効果が期待できる成分として注目されています※7。

米ぬか

米ぬかは、玄米を白米に精米する際に発生する皮や胚芽などの部分を指します。胚芽や皮にはビタミンB1、B6、ナイアシンなどのビタミンや、カリウムやマグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれており、米の栄養素が詰まっています※6。

米ぬかは、米の栄養素を凝縮した部分ともいえるでしょう。

ベースパスタの口コミ・評判

続いて、実際にベースパスタを購入した方の口コミや評判を紹介します。良い口コミや評判と、悪い口コミや評判それぞれについて解説します。

実際にベースパスタを食べた方の評価を知った上で試すかどうかを判断したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

よい口コミ・評判

まずは、ベースパスタの良い口コミや評判を紹介します。

ベースパスタの良い口コミや評判には、次のような意見が挙げられました。

  • 美味しかった
  • 温めるのみで栄養が摂れてよい

味が美味しかったという意見のほかに、簡単に栄養が摂取できるため嬉しいと感じている方もいました。それぞれの詳しい口コミについて、具体的に解説します。

美味しかった

ベースパスタが麺としての完成度が単純にめちゃめちゃ高い。これより美味しい麺はいくらでもあるけど、完全栄養食というアドバンテージを無視しても使いやすく美味しい

引用元:Twitter

本物のベースパスタ食べてみたけど完全栄養食としては十分美味しいと思うし、ベースブレッド以外にも択が増えた

引用元:Twitter

ベースパスタの味について、美味しかったという意見が多く挙げられました。麺としての完成度が高く、アレンジもしやすい点が高評価のようです。

また、ベースパスタの他に、ベースブレッドやベースクッキーもあわせて購入している方も多数いるようです。

温めるのみで栄養が摂れてよい

ベースパスタ食べてみました🍝
チンするだけで栄養摂れるのは良いね。
味つけは…それほどまずくはない…しょっぱめで焼きそばっぽい味がする。
パスタがスパゲティでは無くフォークでくるくるはできない。噛まずに潰せる😂
焼きそば味の方が良さそうだけど。
健康志向な方なら好きなのかな🤔

引用元:Twitter

ベースパスタは、電子レンジで温めることで手軽に栄養が摂取できるソース入りの冷凍タイプもあります。温めるとすぐに食べられるため、食事を作る時間がない日のごはんにもおすすめです。

悪い口コミ・評判

続いて、ベースパスタに関する悪い口コミや評判を紹介します。

悪い口コミや評判には、次のような意見が挙げられました。

  • 2種類のソースを別で買いたい
  • 美味しくなかった

2種類あるソースをそれぞれ別々に購入したい、味がおいしくなかったと感じる方もいるようです。それぞれの詳しい評判について、具体的に解説します。

2種類のソースを別で買いたい

ベースパスタ、パスタもソースもそれぞれ悪くはないんだけどソースはとにかく別々に売ってほしい
なんでアジアンパスタ用のソースが欲しいのにフェットチーネ用のボロネーゼも買わなきゃいけないんだ

引用元:Twitter

ベースパスタには専用のソースが2種類あり、セットでの購入が可能です。ソースは「コクと旨味のボロネーゼソース」と「ピリ辛台湾まぜそばソース」の2種類があり、ボロネーゼ2食とまぜそば2食の合計4食のセットとして販売しています。

そのため、セットではなく、2種類のソースを別々で買いたいという口コミがありました。パスタとソースはそれぞれ別で購入できるため、パスタのみ購入してアレンジを楽しむことは可能です。

美味しくなかった

ベースパスタ不味すぎて まずかった味思い出せる

引用元:Twitter

ベースパスタはかなりクセのある味だと(個人的には)思うので…あんまりおすすめしないです…
パンもクッキーも美味しいんですけどね

引用元:Twitter

それぞれ好みがあるため、ベースパスタの味を好ましくないと感じる方もいるようです。ベースパスタは豆の味が強く感じられることもありますが、蕎麦として食べたり台湾まぜそばソースと和えて食べたりするとおいしいなどの意見もありました。

また、ベースパスタは好みに合わないけれどベースブレッドやベースクッキーはおいしいという意見も見られます。ベースフードシリーズではパンやクッキーも販売されているため、完全栄養食を食事に取り入れたい場合は、パスタ以外にも豊富な選択肢があります。

ベースパスタをおすすめできる方

口コミや評判からわかる、ベースパスタをおすすめできる方の特徴は次のとおりです。

  • 忙しくて自炊する時間がない方
  • 糖質制限ダイエット中で朝スッキリしない方
  • サラダチキンに飽きた方

ベースパスタは完全栄養食のため、忙しくて自炊をする時間のない方の栄養補給としておすすめです。また、食物繊維が豊富なため便秘気味の方にも向いています。

ダイエット中で、サラダチキンなどのダイエット食に飽きた方もぜひベースパスタを取り入れてみましょう。それぞれの詳しい特徴について、具体的に解説します。

忙しくて自炊する時間がない方

忙しくて自炊する時間がないと、栄養も偏りがちになり不健康な生活になる方も多いでしょう。ベースパスタは、1食で1日に必要な栄養素の1/3が摂取できる完全栄養食です。

そのため、なかなか自炊する時間が取れない方におすすめです。ベースパスタには特製ソースセットや冷凍タイプもあるため、時間をかけずすぐに調理できて便利です。

糖質制限ダイエット中で朝スッキリしない方

糖質制限のダイエットをしていると、便のかさが足りず便通が悪くなるケースがあります。そのため、便秘になることで腸内環境が悪化する場合もあるでしょう。

腸内環境が悪化すると、体内の巡りが悪くなり、ダイエットも停滞する可能性があります。ベースパスタには食物繊維が豊富に含まれているため、便秘の解消に役立ちます。

また、ベースパスタは通常のパスタよりも糖質が40%程度オフされているため、糖質制限中でも食べられる食品です。そのため、便秘気味の方や糖質制限ダイエット中の方はベースパスタを活用してみましょう。

サラダチキンに飽きた方

ダイエット中は、たんぱく質が豊富なサラダチキンをよく食べる方も多いでしょう※6。しかし、サラダチキンは飽きやすかったり必要な栄養素を網羅できなかったりというデメリットがあります。

ベースパスタをはじめとするベースフードは、たんぱく質が豊富かつ体に必要な栄養素を網羅しています。さらにベースパスタ以外にもベースブレッドやベースクッキーなど複数の種類があるため、飽きにくい点も特徴的です。

ダイエット中の食事に飽きた方は、ぜひベースフードシリーズの商品を試してみてください。

ベースパスタの購入方法

ベースパスタは、基本的に次の通販サイトで購入可能です。

  • 公式サイト
  • Amazon
  • 楽天市場

それぞれのサイトにおける購入方法について、詳しく紹介します。

公式サイト

ベースパスタの購入は、公式サイトからが最もお得です。継続コースで購入すると、初回20%OFF、2回目以降も10%OFFで購入できます。

1回目のお届け以降はいつでも商品内容やお届け日の変更、解約が可能です。手続きがない場合は、4週間ごとのお届けになります。

また、継続コースの初回特典として、おまかせソース1食とベースクッキーのココナッツが1袋プレゼントされます。

Amazon

Amazonからも、ベースパスタの購入が可能です。パスタとソースをまとめて購入することもできるため、セットで購入したい方におすすめです。

また、ベースパスタのみならずベースブレッドやベースクッキーもAmazonから購入できます。

楽天市場

楽天市場でもAmazonと同様、ベースフードが販売しているベースパスタやベースブレッドが購入できます。楽天市場では送料無料で購入できる商品が多数あります。

また、楽天ポイントを貯めている方にもおすすめの購入方法です。

ベースパスタに関するよくある質問

ベースパスタに関するよくある質問は、次のとおりです。

  • 毎日3食食べなければいけない?
  • 賞味期限はどのくらい?
  • おすすめのアレンジ方法は?

それぞれのよくある質問について、具体的に回答します。

毎日3食食べなければいけない?

毎日3食食べなければならないわけではありません。もちろん毎食食べても問題ありませんが、月に20食程度がおすすめです。

1日に1回を目安に完全栄養食を取り入れることで、栄養の基盤作りとなります。

賞味期限はどのくらい?

ベースパスタの賞味期限は、お届けから1か月程度です。パッケージ内の酸素を抜き加熱殺菌をおこなっています。

また、開封後の日持ちは保存状態により異なりますが、当日中を推奨しています。なお、Amazonや楽天市場などで販売している商品については賞味期限が短いケースがあるため、必ずパッケージを確認しましょう。

おすすめのアレンジ方法は?

ベースパスタのおすすめアレンジ方法は、麺の種類により異なります。アジアンは自由自在にアレンジが効きますが、ベースパスタが販売している台湾まぜそばのソースやラーメンとして食べるなど、パスタ以外のアレンジもおすすめです。

フェットチーネは濃厚なソースとの相性がよいため、クリームベースのソースやベースパスタのボロネーゼソースがおすすめです。

まとめ

本記事では、ベースパスタの特徴や種類、ベースパスタに含まれる主な栄養素や原材料を紹介しました。ベースパスタは1食で1日の1/3の栄養が摂取できる完全栄養食であり、たんぱく質や食物繊維、ビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富です。

また、実際にベースパスタを購入した方の口コミやベースパスタをおすすめできる方の特徴のほか、購入方法についてもあわせて解説しました。

ベースフードは、ベースパスタ以外にもベースブレッドやベースクッキーなど、さまざまな種類の完全栄養食を販売しています。ダイエット中の食事に飽きた方や手軽に完全栄養食を摂取したい方は、ぜひベースフードを食事に取り入れてみてください。



<参考文献>
※1 厚生労働省 e-ヘルスネット|たんぱく質

※2 厚生労働省 e-ヘルスネット|食物繊維の必要性と健康
※3 厚生労働省e-ヘルスネット| ビタミン
※4 厚生労働省e-ヘルスネット| ミネラル
※5 厚生労働省eJIM | オメガ3系脂肪酸
※6 文部科学省 | 日本食品標準成分表2020年版(八訂)
※7 厚生労働省e-ヘルスネット| 抗酸化物質
※商品の情報は公式ホームページを参考にしています

監修:亀谷つぐみ(管理栄養士)

専門学校にて栄養学と分析科学を専攻し、管理栄養士免許を取得。卒業後は医薬品系会社にて栄養指導やサプリメント提案企画をおこなう管理栄養士として勤務。栄養コントロールが必要な患者様や気軽な相談を求められる方を対象に栄養指導、相談を実施。一人一人の疾病や悩みに応じて、専門的かつ実践しやすい情報提案を心がけ業務に従事した経験がある。

もくじ