本サイトはベースフード社によるオウンドメディアであり、アフィリエイトリンクの掲載は行っておりません

寒いと痩せる効果が高まる?脂肪燃焼の効率がよい理由やダイエットのコツを解説

寒い季節になると「なぜか体重が減った気がする」と感じる方も少なくありません。寒い環境下にいると痩せる効果が高まる背景として、身体のエネルギー消費や脂肪燃焼のメカニズムが関わっているといわれています。

本記事では、寒いと痩せる効果が高まる理由について解説し、脂肪燃焼の効率が高まるメカニズムや健康的なダイエットを実践する際のコツを紹介します。

寒い季節に向けて、健康的なダイエット方法や体重管理のポイントを知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

からだに必要なもの、 全部入り※3

\食べないダイエットは卒業しよう/

※1 おひとりさま1回限りのご利用となります。
冷凍発送商品を含むご注文には適用できません。
現在継続コースをご利用されている方はご利用できません。
※2 1回目お届け以降、いつでも内容変更・解約可能。

 

  • 一般的なパンと比べ、糖質約35%オフ
  • 高たんぱく質で食物繊維も豊富
  • 店頭価格よりも1食100円以上お得
  • 初回限定20%OFF &2回目以降も10%OFF ※1
価格 パン14袋セット
3,840円 2,672円
2回目以降も、3,506円 ※2
原材料 全粒粉やチアシードなど10種類以上の原材料をブレンド
保存期間 ご注文日から約1ヶ月前後
継続コース初回特典 ・商品価格20%OFF
・200円分のポイントGET

・BASE Cookiesココナッツ1袋 無料プレゼント

初回限定20%OFF &2回目以降も10%OFF

※3 1食で、栄養素等表示基準値に基づき、他の食事で過剰摂取が懸念される、脂質・飽和脂肪酸・炭水化物・ナトリウムを除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む。
もくじ

夏より寒い冬のほうが痩せる理由

「寒いと痩せる効果がアップする」という話を聞いたことがある方も意外と多いでしょう。なぜなら冬になると体温維持のためにエネルギー消費量が増え、代謝が活発になって脂肪が燃焼しやすい状態になるからです。

一方、夏は体温を低くキープするのに必要なエネルギーが少なく、脂肪の燃焼には不利な時期といわれています。ここでは、寒い冬が夏よりも痩せやすい理由についてより詳しく説明します。

基礎代謝アップで消費エネルギーが増える

冬が夏に比べて体重が減少しやすい理由は、基礎代謝アップによるものです。基礎代謝とは身体が安静時に消費するエネルギーのことで、寒い冬の間は体温を保つために消費エネルギーが増加するといわれています。

つまり体温を一定に保とうとして基礎代謝が上昇し、脂肪が燃焼されることによって痩せやすくなるわけです。さらに、冬の間は寒さから身体を守るために脂肪が燃焼されやすくなるメリットもあります。

冬はこのように体重を落としやすい理想的な状況が整っており、スリムな体をつくりやすい時期といえるでしょう。

燃焼しやすい褐色脂肪細胞に変わる

夏より冬のほうが痩せやすくなるもう一つの理由が、褐色脂肪細胞による効果です。脂肪には燃えにくい「白色脂肪細胞」と燃焼しやすい「褐色脂肪細胞」が存在しており、体温調節や運動で消費されるのは褐色脂肪細胞で、白色脂肪細胞はなかなか減少しません。

しかし、体が冷えを感じると褐色脂肪細胞の働きが活発になります。つまり寒い環境下では脂肪が燃焼しやすい褐色脂肪細胞が活性化し、ダイエットの効果も向上するのです。

褐色脂肪細胞を活性化するためには、適度な運動やバランスの取れた食事、そして良質な睡眠を心がけることが大切です。冬を健康に過ごすことで褐色脂肪細胞が活発になり、より効果的なダイエットが期待できるでしょう。

我慢しすぎはよくない

冬は夏よりも多くのカロリーを消費し、体重が減りやすいと考えられていますが、過度な制限は健康に悪影響を及ぼすことがあります。たとえば食事を過度に制限すると、栄養不足やリバウンドのリスクが高まる可能性があります。

冬に体重を減らすためには、食事は栄養バランスを考えたうえで摂取し、無理なダイエットをおこなわないように注意しましょう。また運動は体を温め、新陳代謝をアップさせる効果がありますが、寒さに耐えながら長時間おこなうと体調を崩す可能性があります。

そのため、ヨガやウォーキングなどの軽い運動を短時間で習慣的におこなうことがおすすめです。

寒い冬に痩せるための生活習慣

寒い冬は体が動きにくい時期でもありますが、生活習慣に気をつけることで健康的な体重管理ができるでしょう。ここでは、寒い冬に体重を減らすのに役立つ生活習慣を紹介します。

体を温める

体を温めることは、冬における健康の重要なポイントとなります。体温を保つことで基礎代謝が促進され、脂肪燃焼がスムーズに進むため、痩せやすい体を手に入れられます。

食事では体を温める作用があるといわれている冬野菜を摂ることがおすすめです。土の中で成長する根菜類や赤色、オレンジ色、黒色の野菜は体を温める働きがあるとされています。

飲み物も温かいお茶やスープを飲むことで体を内側から温め、代謝を高めます。また体の中心が冷えると血行が悪くなり、代謝が落ちることがあるため、お腹周りを暖かく保つカイロや腹巻きなどの活用もおすすめです。

さらに、お腹を膨らませながらゆっくりと深呼吸をするのもよいでしょう。呼吸を通じて内臓をやさしくマッサージして、体の芯から温まり代謝アップを促します。

室温を高く設定しない

寒い冬に痩せるためには、生活習慣の中で室温を高く設定しないことが重要です。寒い時期は体温調節が大切であり、室温を過度に上げると体が熱を逃がしにくくなります。

その結果、体脂肪が燃焼しにくくなり、痩せにくい体質になる可能性が高まるでしょう。また体内の基礎代謝が促進されるためには、適切な室温を保つことが大切です。

程よい低温環境に体を順応させることで、脂肪がエネルギーとして取り込まれやすくなります。ただし、寒さを我慢して暖房を使用せずに過ごすのはおすすめできません。

体の内部が冷えて血行が悪くなると健康を害する可能性があるため、寒い日は無理をせずに温かく過ごすようにしましょう。

適度に運動する

適度な運動は、冬に痩せるための生活習慣として重要な役割を果たします。寒さにより外出機会が減るとどうしても運動不足になりがちですが、日常生活の中でも取り入れやすい運動方法は多くあります。

室内での運動は自宅やジムでのストレッチやヨガ、筋トレなどを取り入れることで、寒い冬でも体を動かす習慣を身につけられます。屋外での運動は、毎日短時間の有酸素運動を心がけるようにしましょう。

ウォーキングやサイクリングなど、気軽にはじめられる運動がおすすめです。また、適度な運動をおこなうことはストレス解消にも効果的です。

冬は気分が落ち込みやすい季節でもありますが、適度な運動によって脳内ホルモンの分泌が促され、ストレス解消や気分の安定につながります。

寒い冬に痩せるための食習慣

生活習慣に気をつけることは冬ダイエットにおいて重要なポイントですが、食事のバランスについても考えることが大切です。ここでは、寒い冬に痩せるための食習慣について、効果的な方法を紹介します。

1日3食食べる

寒い冬でも健康的に痩せるためには、3食食べることが重要です。特に朝食は1日のエネルギー補給の基本といわれており、朝食を摂ることで体内時計を整え、体脂肪を燃焼しやすくする効果も期待できます。

朝食を抜いた場合、昼食や夕食で過剰に摂取するリスクが高まります。過食や間食を防ぐためにも、毎日3食きちんと食べるようにしましょう。

また食事と運動の両方を心がけることで相乗効果を得られ、より健康的なダイエットが可能です。冬ダイエットをする際には、朝が忙しいときでも食事を摂る習慣を身につけることが大切です。

朝食を欠かさず食べる

冬は体が冷えることで代謝が低下しやすい時期ですが、代謝を高める食事を摂ることで、痩せやすい体づくりが可能です。代謝が高まると脂肪を燃焼しやすくなり、体重のコントロールがしやすくなります。

代謝を上げるためには、朝食を欠かさずに摂ることが大切です。これにより基礎代謝が向上し、1日のエネルギー消費もアップします。朝食を抜くと血糖値が不安定になり、空腹感や食欲が増す可能性があります。

その結果、無理なダイエットを続けてリバウンドするリスクも考えられます。冬ダイエットをする際には、朝が忙しいときでも食事を摂る習慣を身につけることが大切です。

栄養をバランスよく摂取する

寒い冬に痩せるためには、バランスの取れた栄養を摂ることが欠かせません。冬は寒さで体温を維持しようとしてエネルギー消費が増加し、食欲も増す傾向にあります。

そのため、食事のバランスを整えることが健康的なダイエットの基本となります。まず、主食となるお米やパン、麺類などの炭水化物は適量を摂るようにしましょう。

炭水化物はエネルギー源として身体に必要不可欠な栄養素であり、バランスよく摂ることで空腹感を抑えられます。また野菜や果物からビタミンやミネラルを多く摂ることで、免疫力を高めながら健康な体を維持できます。

さらに、たんぱく質を摂ることも大切です。肉や魚、大豆製品などからたんぱく質をバランスよく摂ることで、筋肉量を保ちながらダイエットをおこなえます。たんぱく質には代謝を高める効果もあるため、冬の寒さに負けないで体温を維持するのに役立ちます。

そのほか、油や糖分の摂取にも注意が必要です。油を過剰に摂取すると余分なカロリーが摂取され、体重の増加につながるおそれがあります。

糖分の摂り過ぎも急激な血糖値の上昇を招き、肥満のリスクを高める可能性があるため、バランスを保ちつつ適量を摂るようにしましょう。

BASE FOOD®︎で不足しがちな栄養を補給

冬におけるダイエットや健康管理において、不足しがちな栄養素を手軽に補給する方法として注目を集めているアイテムが「BASE FOOD®︎」です。BASE FOOD®︎は体に必要な栄養素がバランスよく摂れる完全栄養食で、忙しい日常生活の中でも栄養バランスの確保に一役買っています。

ここからは、冬の栄養摂取をサポートするアイテムとしておすすめのBASE FOOD®︎について詳しく紹介します。冬ダイエットを効率的におこないたい方にとって、BASE FOOD®︎は便利な選択肢となるでしょう。

必要な栄養を摂取できる完全栄養食

BASE FOOD®︎は、体に必要不可欠な栄養素が豊富に配合された完全栄養食です。冬におこなうダイエットは必要な栄養を十分摂取しながら、健康的に痩せることが大切です。

しかし寒い季節は野菜や果物などの新鮮な食材が手に入りにくく、栄養不足になりやすい時期でもあります。BASE FOOD®︎には約30種類のビタミンやミネラル、たんぱく質、食物繊維など、体に必要な栄養がバランスよく含まれていることが大きな魅力です。

冬ダイエットで不足しがちな栄養を手軽に補給できるため、健康的な減量をサポートします。さらにBASE FOOD®︎は調理の手間なく簡単に摂れる点も魅力の一つで、忙しい冬の生活にも最適です。

BASE FOOD®︎シリーズには、「BASE BREAD®(ベースブレッド)」「BASE PASTA®(ベースパスタ)」「BASE Cookies®(ベースクッキー)」の3種類の商品ラインアップがあります。各商品の特徴については次のとおりです。

BASE BREAD®(ベースブレッド)

BASE BREAD®は調理なしで手軽に豊富な栄養を摂れる主食パンです。「ミニ食パン・プレーン」「ミニ食パン・レーズン」「プレーン」「リッチ」「チョコレート」「メープル」「シナモン」「カレー」の8種類があります。

多彩なバリエーションで、毎日でも飽きずに楽しめるところがBASE BREAD®の魅力です。

BASE PASTA®(ベースパスタ)

BASE PASTA®は全粒粉を主原料に使用した栄養価の高い雑穀生パスタです。細麺の「アジアン」や平打ち麺の「フェットチーネ」、そしてボロネーゼソースとまぜそばソースがセットになった特製ソース4食セットに加えて、便利な冷凍パスタも揃っています。

BASE PASTA®はアレンジしやすく、濃厚なクリームパスタやシンプルなペペロンチーノ、焼きそばなどさまざまな麺料理に最適です。

BASE Cookies®(ベースクッキー)

BASE Cookies®は栄養価が高く糖質も控えめなクッキーで、ダイエット中のおやつや間食に最適です。体に必要な栄養素が含まれていることから、成長期の子どものおやつにもおすすめです。

BASE Cookies®には「ココア」「抹茶」「アールグレイ」「ココナッツ」「さつまいも」の5つのフレーバーがあるため、いろいろな味を試してみてください。

継続コースでお得にはじめられる

BASE FOOD®︎を定期的に楽しみたい方には、自宅への配達が可能な継続コースがおすすめです。継続コースは手頃な価格で4週間ごとに自宅へ商品を届ける定期便のサービスで、買い物に行く手間や時間が省けて非常に便利です。

通常価格よりも割引で販売されており、配送予定日の5日前まで無料でキャンセルや変更が可能なため、お得にBASE FOOD®をはじめたいと考えている方に最適といえるでしょう。

寒いと痩せる冬ダイエットに関するよくある質問

ここでは、寒いと痩せる冬ダイエットに関するよくある質問について紹介します。

痩せると体が冷える?

体重が減少すると体温調節が難しくなるため、痩せると体の冷えを感じることがあります。しかし体が冷える原因は体重の減少のみでなく、代謝が落ちて筋肉量が減ることも影響しています。

体が冷えやすくなるのを防ぐためには、適度な運動やバランスの取れた食事が大切です。とくに冬は栄養バランスを考えながら食事を摂ることで、代謝をアップできます。

また、保温対策として着る服にも注意が必要です。重ね着や防寒対策をおこなうことで体温を維持し、冷えを予防できます。冬ダイエットをする際には、単に痩せることのみを考えずに体調や健康にも気を配りながら取り組むことが大切です。

健康的な方法でダイエットを実践し、体に負担をかけないように心がけましょう。

薄着のほうがよい?

冬に薄着で過ごすことのメリットは、体温調節機能が向上して基礎代謝が促進されることです。厚着の場合、体が常に暖かい状態になり、脂肪を燃焼する機会が減ります。

しかし薄着の場合は体温調節が必要となり、結果的に代謝が上がる効果が期待できるでしょう。また薄着で過ごすことで体が適度な寒さに慣れ、免疫力が向上する可能性もあります。

しかし薄着でいることには注意点もあります。冬は寒くて体を冷やしやすいため、薄着で過ごした場合には風邪を引きやすくなるリスクも高まります。

さらに極端な冷えは体に負担をかける可能性もあり、個々の体質や環境に応じた適切な対策が必要です。健康を意識するうえで、薄着の際でも無理をしすぎないように気をつけましょう。

寒い部屋で寝ると痩せる?

寝るときに寝室を少し冷やすと、眠りがよくなって質の高い睡眠が得られるといわれています。人間は眠りに入る際に手足から熱を逃がして体温を下げることで、深い眠りにつけて体と心をリフレッシュできるとされています。

つまり、少し寒い部屋で眠ることで体温が徐々に下がり、熟睡しやすくなると考えられるわけです。また寒さによって体温を維持するために、体内で褐色脂肪細胞が活性化されることもわかっています。

褐色脂肪細胞は体温を調整して脂肪を燃焼させる重要な役割を果たし、体重を管理しやすくする効果があるといわれています。ただし、寝るときに過度に冷えると健康に悪い影響を及ぼす可能性もあるため、適度な温度調整に気をつけるようにしましょう。

まとめ

本記事では、寒いと痩せる効果が高まる理由や脂肪燃焼の効率がよいメカニズム、ダイエットのコツについて解説しました。寒い季節は栄養のバランスを整え、基礎代謝を上げて脂肪を燃焼させることで、ダイエットを効率的に進められます。

また冬ダイエットで不足しがちな栄養を摂る際には、完全栄養食「BASE FOOD®」の活用がおすすめです。BASE FOOD®にはさまざまな栄養素がバランスよく含まれており、食事のベースとなる重要な役割を果たします。

理想の体型を目指すために必要な栄養を摂りながら、健康的に冬ダイエットにチャレンジしましょう。

〈参考文献〉
ダイエット|e-ヘルスネット(厚生労働省)

監修:前島悠里(管理栄養士)

短期大学卒業後、栄養士として調理や献立作成に携わる。食を通し、より多くの人の役に立つことを目標に管理栄養士の資格を取得した。その後は、老人保健施設にて栄養管理や栄養指導に従事した。現在は、予防医療に力を入れ、特定保健指導やダイエット指導に従事している。

もくじ